授業形態について

主にどんな種類の塾があるの?

塾とひとことで言っても、通う目的や授業形態によって種類が異なります。目的別で考えると、主に進学塾と補習塾とに分かれます。進学塾は、志望校に合格させることを目的としているため、授業の内容は学校よりもかなり難しくなります。そのため、入塾するために試験があるケースも少なくはありません。入塾後も学力や志望校別にクラス分けされるので、効率よく学力が上がっていきます。それに対して補習塾は、一般的に学校の授業についていくことができない子をフォローするための塾です。理解できない部分を重点的に補習したり、学校の授業内容を前もって勉強したりしています。学校で習う内容の予習と復習が主な内容となるため、学校の授業以上のことを教えることはほとんどありません。

授業の形態で塾を選択する

それぞれの塾によって、授業の形態が異なります。1クラスの生徒人数が10名以上の場合は、多人数制クラスとなります。多人数の生徒を1人教師が指導していきます。学力別にクラス分けをしますが、同じクラス内であっても学力に差が生じることもあるようです。しかし周囲の人と競い合って学力がどんどん上がっていく子もいます。それに対して、1クラスの生徒数が5~10名程の少人数制クラスもあります。教師が一人で指導する人数が少ない分、距離が近くなり目が行き届きやすくなるのが特徴です。授業で理解できないところが出てくると、その都度質問しやすい環境にあります。多人数の場合は、授業の進行を止めてしまうため、質問しにくい場合もります。そのような点も考慮しつつ子供のタイプにあった塾を選ぶ必要があります。