塾のデメリットとは

なぜ塾に行くのか、が分からないと危険です

学校の勉強だけではなくさらに塾に通って勉強の機会を増やすこと、それ自体はとても良いことです。塾に通うことで、授業の復習をしたり、足りない部分を補ったり、学校で習うことの先取りをしたり。人によって塾に通う理由は様々あると思いますが、通っている本人が目的意識をもって「こういう事をやりたいから塾に行くんだ!」という意志があれば、それ相応の効果は程度の差こそあれ得られると思います。しかしながら、周りがみんな行っているからなどという理由で、本人が目的意識を持たないまま何となく通ってしまった場合、「塾に行っているから大丈夫」という安心感が生まれて、ただ単に「塾へ行く」ことが目的となってしまう恐れがあります。

学校の授業が基本であることは忘れてはいけません

また塾に通ってそこで勉強することによって、学校の宿題や授業時間がおろそかになってしまうことがあります。塾の宿題をやるために、学校の宿題が出来なかった、塾で帰りの時間が遅くなってしまったので授業中に居眠りしてしまった、これでは本末転倒です。勉強は基礎を確実にかためることが出来て、はじめて応用がきくものです。その勉強の基礎となるのは、何はなくとも学校で習う授業です。自分が授業できいた分からないところが分からなければ、塾で復習しようにもすることが出来ませんし、応用問題に新たにチャレンジすることも出来ません。塾はあくまでも二次的なものと位置付けて、まずは学校の勉強に全力で取り組むことを意識するのが大切です。

中学生の塾を選ぶ際は、利用目的を明確にすることが欠かせません。定期テストをはじめ、普段の勉強のバックアップとして利用するのか、受験対策なのか、はっきりさせることが大切です。